サンレジン証券コード300487

seplite@sunresin.com + 86-29-89182091
現在地: ホーム » ニュース » ケーススタディ » 触媒樹脂 » 触媒樹脂の前処理

リソース

会社

製品リスト

アプリケーション産業

お問い合わせ

Sunresin Park、No.135、jinye Road、Xi'an Hitech Industrial Development Zone、Shaanxi-710076、China
Eメール:seplite@sunresin.comt
Tel:+ 86-29-89182091

触媒樹脂の前処理

樹脂触媒は工場出荷前に純水で洗浄されており、反応器に投入後は水なしで洗浄できます。それ以外の場合は、脱塩水で洗浄する必要があります。

樹脂触媒は水中で保管し、使用前にメタノールで前処理する必要があります。メタノールと水が相互に溶解するという特性を利用することにより、濃縮作用の原理に従って、メタノールは水と一定濃度のメタノール-水溶液を形成し、それによって樹脂触媒に含まれる水を反応系から取り出すことができます。

いつ樹脂触媒はメタノールで前処理されているため、単にメタノールに浸すだけで​​は不十分であり、メタノール濃度が一定になるまで動的循環が必要です。メタノール前処理の時間は通常12〜24時間です。

完全な分離および精製ソリューションを提供するためにここに
Sunresin Park、No.135、jinye Road、Xi’an Hi-tech Industrial Development Zone、Shaanxi-710076、China
私達に電子メールを送り:
お電話ください:
+ 86-29-89182091

フォローする

Copyright©サンレシンニューマテリアルズ株式会社、西安無断複写・転載を禁じます