サンレジン証券コード300487

seplite@sunresin.com + 86-29-89182091
現在地: ホーム » ニュース » ケーススタディ » 吸着樹脂 » 吸着樹脂の合成方法は?

リソース

会社

製品リスト

アプリケーション産業

お問い合わせ

Sunresin Park、No.135、jinye Road、Xi'an Hitech Industrial Development Zone、Shaanxi-710076、China
Eメール:seplite@sunresin.comt
Tel:+ 86-29-89182091

吸着樹脂の合成方法は?

吸着樹脂は主に懸濁重合により形成され、ポロゲンを添加した後、すすぎ、ふるい分け等により樹脂内部に細孔が形成される。

1.無極性吸着樹脂
主にスチレンとジビニルベンゼンを原料として使用し、適切なポロゲンと投与量を選択してください。

2.中極性吸着樹脂

アクリレートモノマーは主に無極性吸着樹脂に導入されるため、樹脂構造には一定の極性があります。

3.極性吸着樹脂

主に極性基、ニトリル基、スルホン基、アミド基、アミノ基を含みます。

A.ニトリル基を有する吸着性樹脂
アクリロニトリルとジビニルベンゼンの重合

B.スルホン基を有する吸着性樹脂
これは、塩化チオニルによって架橋された低架橋ポリスチレン球です。

C.アミド基を有する吸着性樹脂
ニトリル含有吸着樹脂エチレンジアミンのアミノリシスによって得られます。また、無水酢酸によるアミノポリスチレン球のアミノアシル化によっても調製できます。

D.アミノ基を有する吸着樹脂
強塩基性陰イオン交換樹脂の調製方法と同様に、アミノ化にさまざまな種類のアンモニアを使用して、さまざまな極性の樹脂を調製できます。

完全な分離および精製ソリューションを提供するためにここに
Sunresin Park、No.135、jinye Road、Xi’an Hi-tech Industrial Development Zone、Shaanxi-710076、China
私達に電子メールを送り:
お電話ください:
+ 86-29-89182091

フォローする

Copyright©サンレシンニューマテリアルズ株式会社、西安無断複写・転載を禁じます