サンレジン証券コード300487

seplite@sunresin.com + 86-29-89182091
現在地: ホーム » ニュース » ケーススタディ » イオン交換樹脂 » イオン交換樹脂の前処理

リソース

会社

製品リスト

アプリケーション産業

お問い合わせ

Sunresin Park、No.135、jinye Road、Xi'an Hitech Industrial Development Zone、Shaanxi-710076、China
Eメール:seplite@sunresin.comt
Tel:+ 86-29-89182091

イオン交換樹脂の前処理

イオン交換樹脂の製造では、少量の有機オリゴマーといくつかの無機不純物が含まれることがよくあります。使用の初期段階では、徐々に溶解して放出され、排水の品質や製品の品質に影響を与えます。したがって、新しい樹脂は、使用前に次のように前処理する必要があります。

1.後イオン交換樹脂システムにロードされ、水が透明で無臭になり、細かく分割された樹脂がなくなるまで、50%から70%の膨張率できれいな水で樹脂層を逆洗します。

2. 4〜5%HCl溶液の樹脂体積の約2倍で、2 m / hの流量で樹脂層を通過させます。すべての入口が終わったら、4〜8時間浸し、酸性溶液を排出し、排水が中性になり、フラッシング流量が10〜20 m / hになるまできれいな水ですすいでください。

3. 2〜5%のNaOHに樹脂の約2倍の量の溶液を使用して、上記のようにHCl溶液を通過させて浸します。アルカリ液を排出し、廃液が中性になるまできれいな水ですすぎます。フラッシング流量は上記と同じです。

酸またはアルカリ溶液を2〜3回繰り返すことができれば、効果はより良くなります。

前処理されたレジンの場合、レジンの十分な再生を確保するために、最初の操作中に再生剤の量を適切に増やす必要があります。

完全な分離および精製ソリューションを提供するためにここに
Sunresin Park、No.135、jinye Road、Xi’an Hi-tech Industrial Development Zone、Shaanxi-710076、China
私達に電子メールを送り:
お電話ください:
+ 86-29-89182091

フォローする

Copyright©サンレシンニューマテリアルズ株式会社、西安無断複写・転載を禁じます